太陽光発電システムを導入するときに知っておきたい初期費用の知識

太陽光発電システムを導入するときに知っておきたい初期費用の知識

投資するコストの大部分は初期費用になります。
いったいどれくらいの金額が必要なのかを知っておかないと原価を回収する試算を立てることができません。
それほど、初期費用の見積もりは大切です。
一括で見積もりをしてもらえるサイトもありますが、それでも全く知識が白紙では理解もできません。
初期費用でよくでてくるのがkW単価です。これはどういった内訳があるのでしょうか?
 
見積もりをお願いする太陽光発電システム販売業者によって金額は違います。
そして、設置する家や土地は同じ条件のものがないのです。
どのメーカーを選択するのか、どの場所に設置するのかなどの条件は、それこそ数えきれません。
平均的な数字にはなりますが、初期費用を細分化して、少しでも知識を増やしておけば役に立つでしょう。
 
 
 
★☆★ 太陽光発電システム全体の費用 ★☆★
 
住宅用の太陽光発電システム費用……太陽光発電協会のデータより
・平均は 38.5万円/kW(内訳・新築 36.7万円kW・既築 40.5万円/kW)
・平成26年4月~平成27年2月までの補助金交付申請があった131,182件のデータ
・住宅用のベースの 4.2kWの容量で試算すると、38.5万円/kW×4.2kW= 161.7万円になります。
 
非住宅用の太陽光発電システム費用……資源エネルギー庁の資料より
・高いデータは 10kWから50kW未満の場合 32.2万円/kW
・安いデータは500kWから1000kW未満の場合  28.4万円/kW
・トータルで見た場合は野立ての相場は 30万円/kW
野立てで太陽光発電システムを導入するときは、 10平方メートルから15平方メートルについて 1kWの設置が目安になります。
もしも300平方メートルの土地があるならば、安く見積もっても20kW程度になります。
 32.2万円/kW×20kW= 644万円かかります。
 
 では、太陽光発電システム全体に対してどういった費用割合になっているのでしょうか?
  2014年に自然エネルギー財団が実施したアンケート調査のデータがありますから、ご紹介しておきましょう。
 
  ・パネル(モジュール)…… 40パーセント
  ・パワーコンディショナー…… 11パーセント
  ・ 架台…… 12パーセント
  ・工事費用…… 23パーセント
  ・その他…… 14パーセント(接続費用 2パーンセント・諸経費・業者の利益を含みます)
 
  ココで紹介したデータの割合は、造成の有無・保証期間・太陽光発電の規模によっても違います。
  特に、パネル(モジュール)に関しては、日本メーカーなのか中国製などの海外メーカーでも異なります。
一概に、この比率では算出できないので、あくまでも参考としてください。

太陽光発電

土地活用

遊休地活用

投資

資産運用